ベクター形式のイメージを編集して友人とシェアできるアプリです。
データの保存にはFXG形式を使用していますのでFXG形式データの読込にも対応しています。

基本操作

  • 上の手のマークのアイコンをクリックするか、スペースキーを押すと画面をマウスで掴んでスクロールできます。
  • 上のスライダーか、マウスホイールで画面を拡大、縮小できます。
  • アイテムを選択するには選択したい部分をマウスでクリックします。
  • Shiftキーを押しながらアイテムをクリックすると複数選択できます。
  • 選択されたアイテムのアイコンをドラッグして回転拡大縮小ができます。
  • アイテムを編集するには編集したい部分をダブルクリックします。
  • 編集モードになると制御用のポイントが表示されます。
  • 制御用のポイントをクリックするとカープ編集用のハンドルが表示されます。
  • 制御用のポイントをダブルクリックすると編集モードが変更できます。
  • ポイントを追加するには追加したい部分のカーブ上をダブルクリックします。
  • 開いたパス(開始点と終了点が離れているパス)は、開始点を終了点の位置に移動させると自動的に閉じます。
  • 左上メニューとほぼ同じ項目に右クリックでアクセスできます。
  • アイテムを選択すると、右側にパネルが表示されるのでそこから選択されたアイテムの色などのスタイルを変更できます。

ツールパレット

draw ドロー

画面上でマウスボタンを押しながらマウスを動かすと線が描けます。

draw パス

画面をクリックすると点が描けます。 もう1回別の位置をクリックすると線になるので何度もクリックして適当な形を作れます。 クリックした時にマウスボタンを押したままの状態にしてマウスを移動させると制御点ができます。 ダブルクリックするか、一番最初の点をクリックすると描画を終了します。

draw エリプス

画面上でクリックしたままマウスを移動させるとクリックした位置を中心とした楕円が描けます。 ポイントを編集する場合は「パスに変換」してください。

draw レクタングル

画面上でクリックしたままマウスを移動させるとクリックした位置から終了した位置までの四角形が描けます。 ポイントを編集する場合は「パスに変換」してください。

draw ライン

画面上でクリックしたままマウスを移動させるとクリックした位置から終了した位置までの直線が描けます。 ポイントを編集する場合は「パスに変換」してください。

draw イメージ

画面上でクリックしたままマウスを移動させサイズを決めます。 右に表示されたパネルでイメージ(jpg, png形式などの画像)のURLを指定すると画像が読み込めます。

draw テキスト

画面をクリックするとテキストが表示されます。 表示されたテキストをダブルクリックするとテキストを編集できます。

draw コードパネル

FXGのコードパネルを表示します。 手動でFXGのタグを修正してその変更を反映させる事ができます。

ファイル

リセット

編集画像を最初の状態に戻します。

新規作成

新規ドキュメントを作成します。ウィンドウが表示されるので、横と縦のサイズを入力してOKボタンを押すと空白のドキュメントが作成されます。

保存

データをサーバに保存します。保存されたデータはリストに反映されます。

編集

元に戻す(仮実装)

一回手前の処理に戻ります。(処理によって前の処理に戻れない場合があります。)

やり直し(仮実装)

戻した処理を再実行。(処理によってやり直しできない場合があります。)

アイテムをコピー

選択されているアイテムをコピーします。

アイテムをペースト

コピーしたアイテムをペーストします。 (コピーしたアイテムと同じ位置にペーストされるので、コピーした後、移動しないでペーストすると上に重なってペーストされます。)

スタイルをコピー

選択されたアイテムのスタイル(色、太さ、文字サイズなど)をコピーします。

スタイルをペースト

コピーしたスタイルを選択されたアイテムにペーストします。

アイテム

グループ化

選択された複数のアイテムをグループ化します。グループ化されたアイテムは1つのアイテムとして回転など変形させる事ができます。 グループ化されたアイテムをダブルクリックするとグループ内のアイテムの選択、編集が行えます。

グループ解除

グループ化されたアイテムのグループを解除して個別のアイテムとして選択、編集できるようにします。

手前に移動

選択されたアイテムをアイテム同士を重ねたとき、一番手前に表示されるようにします。

背面に移動

選択されたアイテムをアイテム同士を重ねたとき、一番後ろに表示されるようにします。

クリッピングパスを適用(仮実装)

2つのアイテムを選択してから使用します。片方のアイテムをもう片方のアイテムでくりぬき表示します。 (適用後、くりぬいたアイテムを移動できない、時々位置がずれる等の問題があります。)

クリッピングパスを解除(仮実装)

クリッピングパスが適用されたアイテムからクリッピングパスを解除します。

アウトライン/通常

通常表示、アウトライン表示の切替です。アウトラインにすると背面にあるアイテムを見やすくなります。

選択を削除

選択されたアイテムを削除します。(キーボードのデリートキーでも削除できます。)

パス

パスに変換

ポリゴン、ポリライン、サークル、エリプス、レクト、ラインのアイテムをパスに変換します。 パスに変換するとポイントの編集、追加、削除などが行えます。

パスを結合

2つのパスアイテムを選択して使用します。最初に選択されたパスの終了点と次に選択されたパスの開始点が繋がります。 パスが閉じている場合は自動的に開いたパスになります。 ポリゴン、ポリライン、サークル、エリプス、レクト、ライン等を結合させたい場合は、まず「パスに変換」してからこちらを選んでください。

編集点を削除

パス上の点を一度クリックしてから使用します。クリックした点が削除されます。 点を追加する場合はパスの線の上をダブルクリックします。

制御点を削除

パス上の点を一度クリックしてから使用します。クリックした点にコントロール用のハンドルがある場合ハンドルを削除します。 ハンドルを追加したい場合は、点をダブルクリックします。